お問合せはこちらへ

TEL. 052-732-6869

中国語翻訳、中国語通訳、中国語学習、中国留学、中国語研修、投資など事業を行う会社






中国語の文法HEADLINE


目的語

 中国語の目的語は、述語が示している事柄と関連する内容を補充提示するという役割を担っている。これを念頭に置かい(述語+目的語)の意味を考えていかないと、中国語を理解することは不可能である。
では、(述語+目的語)をどういうふうに考えれば、中国語を理解できるかについて説明しよう。
まず、述語の動詞がどういう種類・正確の動作・行為であるかを理解する。

例:吃
つぎ、何を食べるという種類の動作・行為であることが示されたが、では一体何を食べるのか(対象)、どこで食べるのか(行為の場所)、またどのような器具を用いてするのか(道具)などの関連内容を知りたいときは、 目的語のところに置かれた単語が何なのかを見ればすぐ判断できる。
動詞述語と関連する内容を提示しているのが目的語だから。

例:
中国菜 中国料理を食べる。  (対象)
馆子 レストランで食べる。 (場所)
大盘 大きな皿で食べる。  (道具)
























バナースペース